知の庭園

松浦 寿輝

図書館、オペラハウス、美術館、博物館、植物園、動物園…、19世紀西欧の都市空間に配置された〈知の仕掛け〉の遂げた進化を考察し、〈集団の夢〉の耀いを描き出す。

知の庭園
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体4,200円+税
  • Cコード:1098
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1999/01/20
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:312
  • ISBN:4-480-83807-4
  • JANコード:9784480838070
松浦 寿輝
松浦 寿輝

マツウラ ヒサキ

1954年、東京生まれ。1980年、東京大学大学院仏語仏文学専攻修士課程修了。現在、東京大学大学院総合文化研究科教授(表象文化論)。詩人、作家、映画評論家でもある。2000年、『花腐し』(講談社)で第123回芥川賞受賞。著書に『表象と倒錯』『エッフェル塔試論』『ゴダール』『Y・死・閾』『映画1+1』(筑摩書房)、『半島』(文藝春秋)、『物質と記憶』(思潮社)、『官能の哲学』(岩波書店)、『冬の本』(青土社)など。

この本の内容

図書館、オペラハウス、美術館、博物館、植物園、動物園など、19世紀西欧の都市空間に配された「知の仕掛け」がいかなる進化をとげていったのか―「知の庭園」すなわち「集団の夢の家」(ベンヤミン)の耀いを、明晰な論理と華麗なエクリチュールで描ききる卓抜な空間論。

この本の目次

1 図書館あるいは知の劇場(閲覧室と無限
円環の廃墟
八×八の迷宮)
2 美と情報の交通装置(記憶の終着駅
怪物のエチカ
共和国と「楽しい科学」)
3 差異をいかに上演するか(死体と去勢
スペクタクルとしての動物
進化と廃墟化)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可