新哲学対話――ソクラテスならどう考える? ─ソクラテスならどう考える?

飯田 隆

よい・悪いに客観的な基準はあるか? 人工知能と人間は本当に違うのか――ソクラテスと古代の偉人たちが甦り、永遠不滅の哲学的超難問を徹底討論!

新哲学対話――ソクラテスならどう考える? ─ソクラテスならどう考える?
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体2,300円+税
  • Cコード:0010
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2017/11/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-84314-2
  • JANコード:9784480843142

この本の内容

「よい/悪い」に客観的な基準はあるか?人工知能は人間と同じように思考することができるのか?言葉の「意味」とはいったい何か?「知っている」とはどういうことか?そのための条件が不可避的にはらむパラドックスとは―「価値」「人工知能」「意味」「知識」をめぐる問いは現代哲学の超難問だ。もしも、ソクラテスとその素晴らしい仲間たちが今に甦って、こうした問いをめぐり侃侃諤諤議論を始めたら、どのような「対話篇」が生まれるだろうか。甦った古代の賢人たちが哲学的難問をめぐり繰り広げる知の饗宴。

この本の目次

序 台所の言葉で語る哲学
アガトン―あるいは嗜好と価値について(アポロドロスの話
議論のはじまり ほか)
ケベス―あるいはAIの臨界(発端
ソクラテス登場 ほか)
意味と経験―テアイテトス異稿(言葉の理解のために必要な経験とは何か
意味は経験できるか ほか)
偽テアイテトス―あるいは知識のパラドックス(「この文が真であることをだれも知らない」
「自己言及」が問題ではないし、また、それを避けることもできない ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可