現代アメリカ政治思想の大研究 ─〈世界覇権国〉を動かす政治家と知識人たち

副島 隆彦

福祉か自助か。世界管理か国内優先か。21世紀への〈思想〉を賭けたアメリカ政界抗争の内幕を詳しくとらえて、アメリカ政治の大きさと苦悩とに迫る渾身の書下ろし。

現代アメリカ政治思想の大研究 ─〈世界覇権国〉を動かす政治家と知識人たち
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,800円+税
  • Cコード:0031
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1995/09/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:280
  • ISBN:4-480-85714-1
  • JANコード:9784480857149

この本の内容

本書は、現代アメリカ合衆国の政治の内側を、400人ほどの著名かつ有力な人物の活動と思想を通して、詳しくとらえる。

この本の目次

第1章 ‘ネオ・コン’の登場が歴史を変えた
第2章 共和党‘保守本流’からの挑戦
第3章 試練に立つ民主党リベラリズムと行動科学
第4章 「法」をめぐる思想闘争と政治対立の構図
第5章 ユダヤ系知識人と財界人の政治力
第6章 リバータリアン保守派の台頭
第7章 宗教右派の運動と社会問題対立の激化
第8章 黒人イスラム勢力の動向

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可