オクトーバー  ─物語ロシア革命

チャイナ・ミエヴィル 著 , 松本 剛史 翻訳

腐りきった帝政を打破し、ここに人類の理想郷を築かねばならない――。歴史の奔流に命を賭して抗った人々が織りなす革命の実像を、SF界の鬼才が鮮烈に描く。

オクトーバー  ─物語ロシア革命
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体2,700円+税
  • Cコード:0097
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2017/10/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:448
  • ISBN:978-4-480-85810-8
  • JANコード:9784480858108
チャイナ・ミエヴィル
チャイナ・ミエヴィル

ミエヴィル,チャイナ

1972年、イングランド生まれ。ケンブリッジ大学で社会人類学を学び、LSEで国際関係論の博士号を取得。1998年、『キング・ラット』でデビュー。2009年刊行の『都市と都市』でアーサー・C・クラーク賞、ヒューゴー賞、ローカス賞など5冠に輝き、現代を代表するSF・ファンタジー作家としての地位を確立する。創作のかたわら、評論やエッセイも執筆し、近年では批評誌Salvageの編集に加わるなど幅広く活躍している。おもな長篇小説に、『ペルディード・ストリート・ステーション』『言語都市』などが、短篇集に『ジェイクをさがして』『爆発の三つの欠片』などがある。

松本 剛史
松本 剛史

マツモト ツヨシ

1959年和歌山県生まれ。東京大学文学部社会学科卒。シャーウッド『サバイバーズ・クラブ』(講談社インターナショナル)、ヒューズ『対テロ戦争株式会社』(河出書房新社)、メンジーズ『1421』(ヴィレッジブックス)、ブース『暗闇の蝶』(新潮文庫)など訳書多数。

この本の内容

腐りきった帝政を打破し、ここに人類の理想郷を築かねばならない。歴史の奔流に命を賭して抗った人々が織りなす革命の実像を、SF界の鬼才が鮮烈に描く。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可