生き返る痴呆老人 ─グループホーム「福さん家」での暮らしと実践

宮崎 和加子 著 , 日沼 文江

え? 本当にボケているんですか? あるグループホームで自分らしい生活を取り戻した九人のお年寄。そこでの実践を通し、痴呆とは何か、介護とは何かを考える。

生き返る痴呆老人 ─グループホーム「福さん家」での暮らしと実践
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,400円+税
  • Cコード:0036
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2003/04/16
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:272
  • ISBN:4-480-86345-1
  • JANコード:9784480863454

この本の内容

東京下町にある一軒のグループホーム―。9人の入居者とスタッフが織り成す笑顔の絶えない日常を通し、「痴呆」とは何か、「介護」とは何かを、あらためて考える。

この本の目次

第1章 グループホームに挑戦したいと思った理由
第2章 「福さん家」の概要
第3章 「福さん家」の一日―ある夏の晴れた日
第4章 「福さん家」開設までに準備したこと
第5章 ハプニングと試行錯誤
第6章 日々の暮らし
第7章 職員のかかわり
第8章 グループホームでの実践でわかったこと

読者の感想

2009.5.17 母を入居者にもつ家族(高橋正和)として

とても平易な表現で書かれており、読みやすかったです。類書が多い中で、単なる体験談に終わることなく、グループホームにおける日常的な取組みを通じた著者の考え方が入居者の家族である当方にとって大いに参考になりました。グループホームとは何か、ということがまだまだ世間では浸透していない中で、入居者9名で構成されるユニットのひとつひとつがその置かれた環境や職員や入居者の家族など、ユニットの個性に応じた存在であること、したがってグループホームとは何かという答も決してひとつではないことなど、基本的な考え方が日常の風景と併せて紹介されています。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可