価格戦争は暴走する

エレン・ラペル・シェル 著 , 楡井 浩一 翻訳

本当の価格の話をしよう

1ドルショップ、格安ブランド、量販店はなぜ安くできるのか。その本当の価格とは。緻密な取材で、恐るべき価格戦略と、安値の裏で進行する戦慄の実態に迫る。

価格戦争は暴走する
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,900円+税
  • Cコード:0036
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2010/12/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:352
  • ISBN:978-4-480-86407-9
  • JANコード:9784480864079
エレン・ラペル・シェル
エレン・ラペル・シェル

ラペル・シェル,エレン

アメリカの調査ジャーナリスト。Atlantic Monthly誌を中心に、New York Times、Washington Post等、多数のメディアに執筆。著書に『太りゆく人類』(早川書房)他。

楡井 浩一
楡井 浩一

ニレイ コウイチ

1951年生まれ。英米ノンフィクション翻訳家。訳書に、ザカリア『アメリカ後の世界』スティグリッツ『フリーフォール』(以上、徳間書店)ダイアモンド『文明崩壊』シュローサー『ファストフードが世界を食いつくす』(以上、草思社)(徳間書店)などがある。

この本の内容

100円ショップ、格安ブランド、量販店にファストフード―価格破壊は、時に企業努力の賜物として美談にすらなる。だが、それは本当にお買い得なのか。なぜそれほどの値下げが可能なのか。われわれはなぜ「激安」に踊らされてしまうのか。本書は、安売りチェーン発祥の地アメリカで、価格戦争がいかなる進化を遂げてきたかをたどる。その魔の手はいまや日本のみならず世界に広がり、経済・社会・文化を蝕みつつある。際限のない値下げ戦争がもたらすのは、格差の増大、賃金デフレ、経済破綻…いずれもすでに起こっている現実だ。緻密な取材から「価格の真実」とその驚くべき罠を暴き出す。全米を震撼させた話題のノンフィクション。

この本の目次

第1章 安売り大国の誕生
第2章 激安商法の創始者たち
第3章 こうして価格に騙される
第4章 アウトレットの策略
第5章 値下げという集団狂気
第6章 職人の死
第7章 ますます貧しくなる生活
第8章 安い食べ物の落とし穴
第9章 双頭の竜―アメリカと中国の結託
第10章 正しい価格を求めて

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可