百貨店の展覧会 ─昭和のみせもの1945−1988

志賀 健二郎

百貨店はかつて、時代を先取りする情報の発信基地だった。美術も文化も社会現象も、すべてを展示しカルチャーを牽引した百貨店の展覧会から昭和を振り返る。

百貨店の展覧会 ─昭和のみせもの1945−1988
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体2,500円+税
  • Cコード:0063
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2018/03/15
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-86458-1
  • JANコード:9784480864581
志賀 健二郎
志賀 健二郎

シガ ケンジロウ

1950年生まれ。京都大学文学部卒業後、小田急百貨店に入社。長年文化催事に携わる。小田急美術館館長。川崎市市民ミュージアム館長を経て、田中千代ファッションカレッジ校長。

この本の内容

百貨店の歴史は1904年の三越に始まります。当初から文化事業との関わりが深かったものの、特に戦後、都心の各百貨店は競うようにして文化的な催し物に取り組みます。展示されたのはあらゆるもの。国宝級の美術品のみならず、ニュースや事件、文学者、漫画、昆虫から生け花まで。世相を反映するだけではなく、常に時代を一歩先んじた野心的な企画展示に、老いも若きも、大人も子どもも心躍らせました。戦後文化は紛れもなく、百貨店から生まれ、育ち、拡がったのです。本書は、百貨店展覧会の歴史を通して、あらためて昭和という一時代を振り返ります。

この本の目次

第1章 敗戦後の混乱のもとで―1945〜49年(昭和20〜24年)
第2章 経済復興とともに―1950〜54年(昭和25〜29年)
第3章 展覧会の新たな取組み―1955〜59年(昭和30〜34年)
第4章 大衆消費社会の進展―1960〜64年(昭和35〜39年)
第5章 高度経済成長の波にのり―1965〜69年(昭和40〜44年)
第6章 転換する時代―1970年〜(昭和45年〜)
終章 百貨店展覧会の実像

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可