最後の「画家」たち ─20世紀末芸術論

伊藤 俊治

合理性と機能性をめざしたモダニズムは、逆に不穏な歪みを孕んでいる。20世紀末のアーチストの創造の現場に降り立ち、傷つき逸脱する感受性を辿る異色の芸術論。

最後の「画家」たち ─20世紀末芸術論
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体4,369円+税
  • Cコード:0070
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1995/12/21
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:264
  • ISBN:4-480-87249-3
  • JANコード:9784480872494
伊藤 俊治
伊藤 俊治

イトウ トシハル

1953年生まれ。美術史家/美術評論家。現在、東京藝術大学美術学部先端芸術表現科教授。著書に『ジオラマ論』『20世紀写真史』など多数ある。

この本の内容

合理性と機能性をめざし続けたモダニズムは、それとは逆に不穏なゆがみを孕むことになった。20世紀末のアーチストたちの創造の現場に降り立ち、傷つき逸脱していく感受性をたどる異色の芸術論。

この本の目次

第1章 性と身体
第2章 自己と分身
第3章 物質と時間
第4章 死と陶酔

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可