珍世界紀行 ─ROADSIDE EUROPE

都築 響一

信仰、性愛、拷問、病理…ヨーロッパ的感性の地下水脈を探しに、欧州の路傍の奇跡を縦横に駆け巡った、取材十年、訪れた場所99箇所、写真千点の珍名所巡礼。

珍世界紀行 ─ROADSIDE EUROPE
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体5,800円+税
  • Cコード:0072
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2004/03/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5変判
  • ページ数:384
  • ISBN:4-480-87617-0
  • JANコード:9784480876171
都築 響一
都築 響一

ツヅキ キョウイチ

1956年東京生まれ。ポパイ、ブルータス誌の編集を経て、全102巻の現代美術全集『アート・ランダム』(京都書院)を刊行。以来現代美術、建築、写真、デザインなどの分野での執筆・編集活動を続けている。93年『TOKYO STYLE』刊行(京都書院、のちちくま文庫)。96年刊行の『ROADSIDE JAPAN 珍日本紀行』(アスペクト、のちちくま文庫)で、第23回木村伊兵衛賞を受賞。その他『賃貸宇宙UNIVERSE forRENT』(ちくま文庫)、『現代美術場外乱闘』(洋泉社)『珍世界紀行ヨーロッパ編』『夜露死苦現代詩』『珍日本超老伝』(ちくま文庫)『ROADSIDE USA 珍世界紀行アメリカ編』(アスペクト)『東京スナック飲みある記』(ミリオン出版)など著書多数。

この本の内容

骸骨寺で骨の匂いを嗅ぐ。秘密警察本部に隠された拷問部屋の暴力におののき、王が溺愛した瓶詰め奇形児にメランコリーの極みを、アマチュア剥製師の怪作に情熱の深さをかいま見る。あからさまなセックス・ミュージアムに呆れ、アウトサイダーの宮殿で狂気のチカラに震える。ひたすら暗く、ひたすら激しいヨーロッパ的感性の地下水脈を探しに、モスクワからシチリアまで、グラスゴーからプラハまでを縦横に駆けめぐる。取材10年、99ヶ所を踏破した珍名所巡礼の記録。

この本の目次

第1室 蝋人形
第2室 超古代
第3室 信仰
第4室 性愛
第5室 暴力
第6室 病理
第7室 アウトサイダー
第8室 蒐集
第9室 人文・社会科学
第10室 観光
第11室 カタコンベ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可