大切な人が病気になったとき、何ができるか考えてみました

井上 由季子

「忙しくても電話一本くらいできるでしょう?!」医師のこのひと言で、自分にもできることがあると気づいた著者が、それからの7年間で試みた小さな工夫を紹介。

大切な人が病気になったとき、何ができるか考えてみました
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0077
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2017/02/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六変判
  • ページ数:184
  • ISBN:978-4-480-87891-5
  • JANコード:9784480878915
井上 由季子
井上 由季子

イノウエ ユキコ

クラフィック工芸家。京都・二条城近くでモーネ工房を主宰し、「工房」「寺子屋」「ギャラリー」の三つを軸に、日々の暮らしの中で楽しめるもの作りを発信している。京都市立芸術大学ビジュアルデザイン科、京都造形芸術大学染色テキスタイル科などの非常勤講師を務める。『京都を包む紙』(共著)、『ありがとうのカタチ』、『文房具で包む』などの著書がある。

著者に関する情報

著者のホームページはこちら

この本の内容

心配や、つらさにどうやって寄り添えばいいのだろう。老いた両親の入院体験で著者がしてきた、家族だけができる小さな工夫、病院が考える“やさしい対話の試み”とともに紹介します。

この本の目次

第1章 寄り添う人にできる小さな工夫(母が入院したとき
父が入院したとき
家族と医療者とのコミュニケーション
寄り添う人がほっとすること
離れていてもできること)
第2章 病院が試みる、やさしい対話の工夫(四国こどもとおとなの医療センター
赤ちゃんとこどものクリニックBe)
ホスピタルアートディレクター 森合音さんという人

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可