剣の法

前田 英樹

勝つことを活かすことに
殺すことを創ることに

近世剣術「新陰流」の優れた術理を、批評家であり「新陰流・武術探求会」を主宰する著者が、明解かつ詳細に説き明かす。身体論、日本人論としても秀逸な一書。

剣の法
  • シリーズ:単行本
  • 定価:本体2,300円+税
  • Cコード:0075
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2014/03/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:264
  • ISBN:978-4-480-89410-6
  • JANコード:9784480894106
前田 英樹
前田 英樹

マエダ ヒデキ

1951年大阪生まれ。批評家。中央大学大学院文学研究科修了。立教大学現代心理学部教授などを歴任。主な著書に『剣の法』(筑摩書房)、『日本人の信仰心』(筑摩選書)、『独学の精神』(ちくま新書)、『批評の魂』(新潮社)、『小津安二郎の喜び』『民俗と民藝』(講談社選書メチエ)、『ベルクソン哲学の遺言』(岩波現代全書)、『信徒内村鑑三』(河出ブックス)、『沈黙するソシュール』(講談社学術文庫)、『倫理という力』(講談社現代新書)など多数。

この本の内容

近世剣術「新陰流」の優れた術理を明快かつ詳細に説き、身体論、日本人論として秀逸な一書。

この本の目次

第1章 日本刀による兵法(なぜ“日本刀”は生まれたのか
剣技が“兵法”となった時代 ほか)
第2章 新陰流の成立(剣法に流儀があること
上泉伊勢守の開眼 ほか)
第3章 太刀筋の体系(何を「太刀筋」と呼ぶのか
青岸の太刀筋 ほか)
第4章 立合いの心得(「十文字勝ち」のこと
小転のこと ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可