ちくま近代評論選

安藤 宏 著 , 関口 隆一 著 , 中村 良衛 著 , 山根 龍一 著 , 山本 良

日本はいかにして「近代化」を模索したのか。明治維新から戦後まで、日本近代史に絢爛たる巨人たちの思索を網羅したアンソロジー。「評論」はここから始まった。

ちくま近代評論選
  • シリーズ:教科書関連
  • 定価:本体1,100円+税
  • Cコード:7095
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2017/10/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-91731-7
  • JANコード:9784480917317

この本の内容

日本はいかにして封建思想から脱し、「近代化」を模索したか。福沢諭吉から与謝野晶子、柳田國男にいたるまで、モダン・クリティークを代表する巨人たちの思索をたどる、絢爛たるアンソロジー。

この本の目次

第1部 明治―一八六八‐一九一二年(学問のすすめ(福沢諭吉)
人生に相渉るとは何の謂ぞ(北村透谷) ほか)
第2部 大正―一九一二‐一九二六年(ゴッホの二面(武者小路実篤)
元始、女性は太陽であった(平塚らいてう) ほか)
第3部 昭和・戦前・戦中―一九二六‐一九四五年(「小説の筋」論争(谷崎潤一郎
芥川龍之介)
日本への回帰(萩原朔太郎) ほか)
第4部 昭和・戦後―一九四五‐(歌声よ、おこれ(宮本百合子)
一匹と九十九匹と(福田恆存) ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可