みんなの命と生活をささえる
インフラってなに?
全5巻/こどもくらぶ=編

学校の調べ学習にも最適!

震災がきたときにも役立つ知識

世界も驚く日本の技術!

迫力満点のビジュアルで楽しく学べる

便利な毎日当たり前だと思っていませんか?

刊行開始!!

わたしたちの生活は、誰が、どうやって守っているの?

わたしたちの生活を支える5つのインフラを徹底解説

震災で気づいた! くらしを支える「インフラ」の力

 人がインフラの存在を強く意識するのは、災害がおきたときです。2011年3月の東日本大震災のあと、飲料水やガソリンをもとめて人びとが長い行列をつくったことをおぼえているでしょう。福島第一原子力発電所の事故で、節電がよびかけられたことも。一方で、災害のあとで、電気や水道をいち早く復旧させた日本の技術に、世界からおどろきの声も上がりました。

 このシリーズは、そんなインフラのことをよく理解し、予想される大規模地震などの災害にあったときに、一人ひとりが何ができるかを考えてほしいと願って企画されました。

インフラの歴史をコンパクに解説

よく見かけるけれど工事現場ではいったい何をしてるのだろう?

全国各地の施設も紹介自分の町の調べ学習にも使える!

世界が驚いた!あまりに早いインフラ復旧の真相

本シリーズのラインナップ ※刊行予定順

1

水道 ――飲み水はどこからくる?

震災のたび注目されるインフラ、その歴史としくみがわかるシリーズの第1巻。源流から蛇口まで飲み水はどうやって私たちのもとへ届くのか。

ISBN:978-4-480-86451-2/定価:本体2800円+税

水道 ――飲み水はどこからくる?
2

下水 ――つかった水はどこへいく?

水洗トイレから下水処理場まで、
私たちを病気や災害から守る下水の秘密に迫る。

ISBN:978-4-480-86452-9/定価:本体2800円+税

水道 ――飲み水はどこからくる?
3

通信 ――のろしからWi-Fiまで

震災で痛感した、つながることのできるありがたさ。
それを支える最新の設備は宇宙にある!?
のろし、落書きから最先端技術まで、通信にかんするすべてがわかる。

ISBN:978-4-480-86453-6/定価:本体2800円+税

通信 ――のろしからWi-Fiまで
4

電気 ――電灯から自動車まで

こんなところにも電気が使われている!
自動車に積まれた最新の発電蓄電技術から電力自由化まで、わかりやすく解説。

ISBN:978-4-480-86454-3/定価:本体2800円+税

2017年11月刊行予定
5

ガス ――燃える気体のひみつ

意外に人類との付き合いが長いエネルギー。
いつ発見されて、どう利用されてきたのか。
コンロ、ヒーターから車、発電まで、知られざるガスのすべて。

ISBN:978-4-480-86455-0/定価:本体2800円+税

2018年1月刊行予定
  • [対象]小学校中学年以上
  • [仕様]A4変型判/上製/各巻40〜48頁/オールカラー
  • [定価]各巻定価:本体2,800円+税/全巻セット定価:本体14,000円+税