筑摩書房

読後、最初に思い浮かんだ顔があなたの一番大切な人です

ちくま文庫

とりつくしま

東 直子 著/イラスト/岡田 里

大好きな人に今すぐ会いたくなる本No.1!

口コミから火が付き人気!

この物語に救われるかもしれません

五分に一回キュンとしたり、じーんとしたり。やさしさに包まれる、魔法のような短篇、十一話。

ISBN:978-4-480-42829-5 定価:本体600円+税 ちくま文庫

このPOPが目印です!

是非、書店にて本書籍をお手にとってご覧ください。

POP

「とりつくしま」短歌 募集

話題沸騰中!

歌人・東直子さんの小説「とりつくしま」(ちくま文庫)をモチーフにした「とりつくしま短歌」を募集します。

以前、劇団俳優座が舞台化記念として実施したところ900首以上も寄せられた「とりつくしま短歌」。

はじめての方もこの機会にいっしょに短歌を楽しんでみませんか?


投稿された歌の中から東直子さんが優秀作品を選出、筑摩書房が記念品をお贈りします。


優秀作品はこちらの特設サイトで発表します!

ふるってご応募ください。

募集締切 2017年3月31日

【とりつくしま短歌とは・・・】歌人・東直子さんの小説「とりつくしま」(ちくま文庫)を読まれた方はご存知かもしれませんが、「とりつくしま」とは、亡くなった人の魂が、この世に戻ってきてとりつく「モノ」ののことです。

魂がとりついた「モノ」になった気分で、「モノ」の目線で短歌を詠んでみてください。
短歌の後の( )内は作者がとりつくしまにしたモノです。

東直子さん作の「とりつくしま短歌」をご紹介します

【参加方法】

★Twitterでご参加ください。お一人様何首でもご投稿いただけます。

①ちくま文庫公式アカウントをフォローしてください。 (※優秀作品に選ばれた方にはDMでお知らせしますので必ず@chikumabunko1 をフォローしてください)

②どんなモノになったかを作品のあと( )内に書いてください。

③ハッシュタグ #とりつくしま短歌 を付けてツイートしてください。