とりつくしま

東 直子

あなたは何に
「とりつき」ますか

死んだ人に「とりつくしま係」が言う。モノになってこの世に戻れますよ。妻は夫のカップに弟子は先生の扇子になった。連作短篇集。
【解説: 大竹昭子 】

とりつくしま
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体600円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:ひ-19-1
  • 刊行日: 2011/05/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-42829-5
  • JANコード:9784480428295
東 直子
東 直子

ヒガシ ナオコ

1963年生まれ。歌人・作家。歌集に『春原さんのリコーダー』『青卵』『東直子集』『十階』など。2006年に『長崎くんの指』(文庫『水銀灯が消えるまで』)で小説デビューし、以後、『とりつくしま』『さようなら窓』『ゆずゆずり』『薬屋のタバサ』『らいほうさんの場所』『晴れ女の耳』ほか多数の小説作品、またエッセイ集『鼓動のうた』『七つ空、二つ水』などを発表。共著に『回転ドアは、順番に』『短歌があるじゃないか。』などがある。1996年、歌壇賞を、2016年、『いとの森の家』で坪田譲治文学賞を受賞。

著者に関する情報

ホームページ「直久」はこちら

この本の内容

死んだあなたに、「とりつくしま係」が問いかける。この世に未練はありませんか。あるなら、なにかモノになって戻ることができますよ、と。そうして母は息子のロージンバッグに、娘は母の補聴器に、夫は妻の日記になった…。すでに失われた人生が凝縮してフラッシュバックのように現れ、切なさと温かさと哀しみ、そして少しのおかしみが滲み出る、珠玉の短篇小説集。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可