天皇陵古墳への招待

森 浩一

ここに、
考古学の魅力と
課題がある。

いまだ発掘が許されない天皇陵古墳。本書では、天皇陵古墳をめぐる考古学の歩みを振り返りつつ、古墳の地理的位置・形状、文献資料を駆使し総合的に考察する。

天皇陵古墳への招待
  • シリーズ:
  • 1,760円(税込)
  • Cコード:0321
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2011/08/17
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:272
  • ISBN:978-4-480-01525-9
  • JANコード:9784480015259
森 浩一
森 浩一

モリ コウイチ

1928年生まれ。同志社大学名誉教授。日本考古学・日本文化史学専攻。『日本の深層文化』『倭人伝を読みなおす』(以上、ちくま新書)、『古代史おさらい帖』、『萬葉集に歴史を読む』(以上、ちくま学芸文庫)、『記紀の考古学』(朝日文庫)、『海から知る考古学入門』(角川書店)、『京都の歴史を足元からさぐる』(学生社)など著書多数。

この本の内容

日本考古学の研究上最重要の対象である「天皇陵古墳」に対しては、残念ながら研究の基礎となる発掘作業なども行われていない。本書では、古墳の地理的位置・形状、『古事記』『日本書記』等の文献資料などを駆使し総合的アプローチを試みる。また、天皇陵古墳をめぐる考古学の歩みを考え、新しい研究への道を示す。

この本の目次

第1章 天皇陵と出会ったころ
第2章 仁徳陵から大山古墳へ
第3章 前期の天皇陵古墳
第4章 中期の大山古墳の諸問題
第5章 百舌鳥古墳群の形成と陵山古墳
第6章 古市古墳群の形成と津堂城山古墳ほか
第7章 継体陵からの後期の天皇陵古墳
第8章 舒明陵から文武陵までの終末期の天皇陵古墳
第9章 落穂拾の章

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可