脳の風景 ─「かたち」を読む脳科学

藤田 一郎

まるで現代アート!?

宇宙でもっとも複雑な構造物、脳。顕微鏡を通して内部を見ると、そこには驚くべき風景が拡がっている! 脳の実体をビジュアルに紹介し、形態から脳の不思議に迫る。

脳の風景 ─「かたち」を読む脳科学
  • シリーズ:
  • 1,760円(税込)
  • Cコード:0345
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2011/09/13
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:208
  • ISBN:978-4-480-01526-6
  • JANコード:9784480015266
藤田 一郎
藤田 一郎

フジタ イチロウ

一九五六年広島県生まれ。七九年、東京大学理学部生物学科卒業、八四年、同大学院理学系研究科動物学博士課程修了(理学博士)、岡崎国立共同研究機構生理学研究所、カリフォルニア工科大学、理化学研究所、新技術事業団を経て、九四年、大阪大学医学部教授。二〇〇〇年、同大学院生命機能研究科教授。専門は認知脳科学。特にヒトを含めた霊長類における視覚認識の脳内メカニズムの解明を行っている。一般向けの著書に『「見る」とはどういうことか──脳と心の関係をさぐる』(化学同人)、『脳ブームの迷信』(飛鳥新社)などがある。

この本の内容

脳は宇宙でもっとも複雑な構造物だ。その内部には様々な形があり、模様があり、色がある。顕微鏡を通して脳の組織を覗いてみると、そこには驚くべき風景が広がっている。形態は機能をほのめかし、脳進化を解明する手掛かりが潜む一方で、最新脳科学においても意味不明なものもある。本書では、機能中心に語られることの多い脳の「実体」をビジュアルとともに紹介、「かたち」から脳の不思議に迫る。

この本の目次

第1章 脳に石畳
第2章 脳の中の小人たち
第3章 脳のアニマルプリント
第4章 変わる脳
第5章 脳の森の木々
第6章 鼻と目を結ぶ神経
第7章 驚愕の風景

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可