関羽 ─神になった「三国志」の英雄

渡邉 義浩

日本人が知らない
もうひとつの関羽像

「三国志」の豪傑は、なぜ商売の神として崇められるようになったのか。史実から物語、そして信仰の対象へ。その変遷を通して描き出す、中国精神史の新たな試み。

関羽 ─神になった「三国志」の英雄
  • シリーズ:
  • 1,650円(税込)
  • Cコード:0395
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2011/10/12
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-01528-0
  • JANコード:9784480015280
渡邉 義浩
渡邉 義浩

ワタナベ ヨシヒロ

一九六二年東京生まれ。筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科修了。文学博士。現在、大東文化大学文学部教授。専門は中国古代史。三国志学会事務局長。後漢国家と儒教の関わりや『後漢書』の翻訳などに取り組む一方で、「三国志」についての一般的解説、啓蒙活動も積極的に行う。編著書に『後漢国家の支配と儒教』(雄山閣出版)『三國政権の構造と「名士」』(汲古書院)『全譯後漢書』(汲古書院)『諸葛亮孔明 その虚像と実像』(新人物往来社)『儒教と中国「二千年の正統思想」の起源』(講談社選書メチエ)『三国志』(中公新書)など。

この本の内容

世界各地のチャイナタウンには関帝廟があり、そこには関羽が商業の神として祀られて、華人たちの心の拠り所となっている。「三国志」の武将が、なぜこのような信仰の対象となったのか。「義」「信」を尊ぶ中国人の精神との関わりを手がかりに、歴史上の一人物である関羽が、「義」「信」を体現する象徴へと大きく変貌を遂げるまでを描き出し、中国の民衆が関羽に託した思いを探る。

この本の目次

第1章 関羽と二つの「三国志」
第2章 武
第3章 義
第4章 聖
第5章 武神
第6章 財神
第7章 儒神
第8章 「義」のネットワーク

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可