躁と鬱

森山 公夫

孤立+睡眠障害→苦悩の病へ
躁・うつの3段階を
さまざまな症例から解明

躁うつ病と診断される人の数がここ十数年で急増した。軽症化、新型うつの登場等昨今の状況を超えて、人類の苦悩の極北的表現としてこの病の両極性を捉えなおす。

躁と鬱
  • シリーズ:
  • 1,760円(税込)
  • Cコード:0311
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2014/05/13
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-01598-3
  • JANコード:9784480015983

この本の内容

孤立+睡眠障害→苦悩の病へ。躁・うつの3段階をさまざまな症例から解明。昨今の啓蒙主義的なうつ病論ブームを超えて、人類が自らの苦悩の極北的表現として太古から共存してきた狂気(精神病)の軌跡の中に躁うつ病を改めて位置づけなおし、躁と鬱をその両極性という視点から点検し、その回復を展望する。

この本の目次

1 躁鬱病とは何か?(躁うつ病の我執性とスパイラル
三大精神病論とその理念―人間観念の三領域
精神障害とは何か?)
2 躁鬱病者と「病前性格」(「二つの魂」について
病跡学から性格論への寄与
「二つの魂」と生育史)
3 発病の構造について(「うつ病発病状況」論の軌跡
わたしたちの躁うつ発病構造論)
4 病態の構造―躁・鬱スパイラルの形成(「躁うつ病スパイラル」の形成
うつ病の三段階
躁病の三段階
躁うつ病の分類)
5 躁鬱病の治療について(「癒し」としての治療と「柔らかい治療主義」
柔らかい治療主義の三段階
「地域医療」(コミュニティ・ケア)について
症例の検討
「二つの魂」の統合とスピリチュアリティ)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可