ヨーロッパ思想史 ─理性と信仰のダイナミズム

金子 晴勇

ギリシアの理性とヘブライズムの霊性の総合、それに続いて起きる解体――この総合と解体のダイナミズムに注目して、ヨーロッパ思想史全体を描き出す野心的試み。

ヨーロッパ思想史 ─理性と信仰のダイナミズム
  • シリーズ:
  • 1,980円(税込)
  • Cコード:0310
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2021/04/14
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:400
  • ISBN:978-4-480-01728-4
  • JANコード:9784480017284

この本の内容

アウグスティヌスからトマス・アクィナスに至って完成した知の体系は、ドゥンス・スコトゥスとオッカムのウィリアムにより解体される。すると、エラスムスやルターが人文主義やプロテスタンティズムを興隆させる。ロックらが近代哲学の基礎を築き、カントとヘーゲルが思想体系を完成させるも、やがてマルクスの社会思想やフォイエルバッハの人間学などで解体される―このように理性と霊性の総合から解体への転換期に新思想が創造されるというダイナミズムに注目し、ヨーロッパ思想史全体を描き出す野心的試み。

この本の目次

1 古代(ギリシア思想の特質
ヘブライズムの思想的特質 ほか)
2 中世(中世思想の構造と展開
中世初期の思想家とスコラ哲学 ほか)
3 近代(ルネサンスと宗教改革の思想
宗教改革から近代思想へ ほか)
4 現代(現代ヨーロッパの思想状況
ヨーロッパ思想の世俗化 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可