乱歩と東京 ─1920 都市の貌

松山 巖

江戸川乱歩が探偵小説を成立させた一九二〇年代。さまざまなレベルで大都市へと変貌をとげた東京を、乱歩の視線から読みとく。
【解説: 種村季弘 】

乱歩と東京 ─1920 都市の貌
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,210円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:マ-7-1
  • 刊行日: 1994/07/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-08144-5
  • JANコード:9784480081445

この本の内容

探偵小説作家・江戸川乱歩登場。彼がその作品の大半を発表した1920年代は、東京の都市文化が成熟し、華開いた年代であった。大都市への予兆をはらんで刻々と変わる街の中で、人々はそれまで経験しなかった感覚を穫得していった。乱歩の視線を方法に、変貌してゆく東京を解読する。

この本の目次

1章 感覚の分化と変質(探偵の目
目と舌と鼻、そして指)
2章 大衆社会の快楽と窮乏(高等遊民の恐怖
貧乏書生の快楽)
3章 性の解放、抑圧の性(姦通
スワッピング)
4章 追跡する私、逃走する私(追跡する写真
逃走の実験)
5章 路地から大道へ(もう一つの実験室
大道芸人たち)
6章 老人と少年―30年代から60年代へ(埋葬
少年誘拐)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可