カール・シュミット
シュミット,カール

1888−1985年。ドイツの公法学者、政治思想家。カトリック系の家庭に生まれ、ベルリン大学などで法律を学ぶ。第一次大戦後のワイマール体制やヴェルサイユ体制への批判として強力な国家を標榜。1933年のナチスの政権獲得とともに、一時期支持者となる。そのため、戦争責任を問われたが、晩年には国際法や思想史関係の論文を多く発表した。著書に、『政治的神学』『政治的ロマン主義』『憲法理論』『陸地と海洋』『大地のノモス』などがある。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

政治思想論集

カール・シュミット 著  服部 平治 翻訳  宮本 盛太郎 翻訳 

現代新たな角度で脚光をあびる政治哲学の巨人が、その思想の核を明かしたテクストを精選して収録。権力の源泉や限界といった基礎もわかる名論文集。

ちくま学芸文庫  文庫判   208頁   刊行日 2013/03/06  ISBN 978-4-480-09529-9
JANコード 9784480095299

定価:本体1,100 円+税

在庫  ○

パルチザンの理論 ─政治的なものの概念についての中間所見

カール・シュミット 著  新田 邦夫 翻訳 

二〇世紀の戦争を特徴づける「絶対的な敵」殲滅の思想の端緒を、レーニン・毛沢東らの《パルチザン》戦争という形態のなかに見出した画期的論考。

ちくま学芸文庫  文庫判   240頁   刊行日 1995/10/05  ISBN 978-4-480-08228-2
JANコード 9784480082282

定価:本体1,100 円+税

在庫  ○

  • 1