岡田 尊司
オカダ タカシ

1960年、香川県生まれ。精神科医、医学博士。東京大学文学部哲学科中退。京都大学医学部卒。同大学院高次脳科学講座神経生物学教室、脳病態生理学講座精神医学教室にて研究に従事。2013年、岡田クリニック開院。パーソナリティ障害治療の最前線に立ち、臨床医として若者の心の危機に向かい合う。小説家・小笠原慧としても活動し、横溝正史ミステリ大賞を受賞した『DZ』などがある。『シック・マザー 心を病んだ母親とその子どもたち』(筑摩選書)、『母という病』(ポプラ新書)、『回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち』(光文社新書)等著書多数。

検索結果

前のページへ戻る
4件1~4件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

対人距離がわからない ─どうしてあの人はうまくいくのか?

岡田 尊司 著 

ほどよい対人距離と親密さは、幸福な人間関係を維持していくための重要な鍵だ。精神科医が提言する、社会にうまく適応し、成功と幸福を手に入れる技術とは。

ちくま新書  新書判   208頁   刊行日 2018/06/05  ISBN 978-4-480-07154-5
JANコード 9784480071545

定価:本体760 円+税

在庫  ○

パーソナリティ障害がわかる本 ─「障害」を「個性」に変えるために

岡田 尊司 著 

性格は変えられる。「パーソナリティ障害」を「個性」に変えるために、本人や周囲の人がどう対応し、どう工夫したらよいかがわかる。

ちくま文庫  文庫判   368頁   刊行日 2014/08/06  ISBN 978-4-480-43195-0
JANコード 9784480431950

定価:本体860 円+税

在庫  ○

シック・マザー ─心を病んだ母親とその子どもたち

岡田 尊司 著 

子どもの心や発達の問題とみなされる事象の背後に、母親の病が隠されていた! 精神医学の立場から「機能不全に陥った母とその子」の現実を検証、克服の道を探る。

筑摩選書  四六判   320頁   刊行日 2011/06/13  ISBN 978-4-480-01521-1
JANコード 9784480015211

定価:本体1,700 円+税

在庫  ○

誇大自己症候群

岡田 尊司 著 

「普通の子」がなぜ凶悪な犯罪者になったのか? 子どもたち、そして現代社会に蔓延する「肥大した自己」という病理を徹底解剖、その超克を見据えた画期的論考。

ちくま新書  新書判   256頁   刊行日 2005/09/05  ISBN 4-480-06263-7
JANコード 9784480062635

定価:本体740 円+税

  • 1