ピーター・L・バーガー
バーガー,ピーター・L

1929年、オーストリアのウィーンに生まれる。46年、アメリカに移住し、後に帰化。New School for Social Researchで博士号を取得。ボストン大学で長年教鞭をとり、現在は同大学名誉教授。ルックマンとならび、シュッツの現象学的社会学を継承・発展させた第一人者と目される。また、神学者としても知られ、宗教社会学の展開にも大きく寄与した。著書に、『聖なる天蓋』、『癒しとしての笑い』、『現実の社会的構成』(ルックマンとの共著)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

聖なる天蓋 ─神聖世界の社会学

ピーター・L・バーガー 著  薗田 稔 翻訳 

全ての社会は自らを究極的に審級する象徴の体系、「聖なる天蓋」をもつ。宗教について理論・歴史の両面から新たな理解をもたらした古典的名著。

ちくま学芸文庫  文庫判   352頁   刊行日 2018/12/10  ISBN 978-4-480-09903-7
JANコード 9784480099037

定価:本体1,200 円+税

在庫  問合せ

社会学への招待

ピーター・L・バーガー 著  水野 節夫 翻訳  村山 研一 翻訳 

社会学とは、「当たり前」とされてきた物事をあえて疑い、その背後に隠された謎を探求しようとする営みである。長年親しまれてきた大定番の入門書。

ちくま学芸文庫  文庫判   336頁   刊行日 2017/07/06  ISBN 978-4-480-09803-0
JANコード 9784480098030

定価:本体1,200 円+税

在庫  ○

  • 1