佐々木 毅
ササキ タケシ

1942年秋田県生まれ。東京大学法学部卒業。東京大学教授、東京大学総長を経て、現在、学習院大学法学部教授。博士(法学)。日本における政治学・政治思想史研究の第一人者であり、数々の要職を歴任。著書に、『政治学は何を考えてきたか』(筑摩書房)、『政治学の名著30』(ちくま新書)、『マキアヴェッリの政治思想』(岩波書店)、『いま政治になにが可能か』(中公新書、吉野作造賞)、『政治に何ができるか』(講談社、東畑記念賞)、『プラトンの呪縛』(講談社、和辻哲郎文化賞、読売論壇賞)、『政治学講義』(東京大学出版会)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
4件1~4件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

民主政とポピュリズム ─ヨーロッパ・アメリカ・日本の比較政治学

佐々木 毅 著 

ポピュリズムが台頭し、変調し始めた先進各国の民主政。その背景に何があるのか、どうすればいいのか? 各国の政治状況を照射し、来るべき民主政の姿を探る!

筑摩選書  四六判   224頁   刊行日 2018/06/12  ISBN 978-4-480-01668-3
JANコード 9784480016683

定価:本体1,500 円+税

在庫  ○

民主主義という不思議な仕組み

佐々木 毅 著 

誰もがあたりまえだと思っている民主主義。それは、本当にいいものなのだろうか? この制度の成立過程を振り返りながら、私たちと政治との関係について考える。

ちくまプリマー新書  新書判   176頁   刊行日 2007/08/06  ISBN 978-4-480-68765-4
JANコード 9784480687654

定価:本体780 円+税

在庫  ○

政治学の名著30

佐々木 毅 著 

古代から現代まで、著者がその政治観を形成する上でたえず傍らにあった名著の数々。選ばれた30冊は混迷を深める時代にこそますます重みを持ち、輝きを放つ。

ちくま新書  新書判   224頁   刊行日 2007/04/09  ISBN 978-4-480-06355-7
JANコード 9784480063557

定価:本体780 円+税

在庫  ○

政治学は何を考えてきたか

佐々木 毅 著 

グローバリズムによる「市場」は利益政治を解体し、一国民主主義は〈帝国〉に翻弄されている。経済発展から民主化へというリベラル・プロジェクトは生き残れるか。

単行本  四六判   400頁   刊行日 2006/12/18  ISBN 4-480-86374-5
JANコード 9784480863744

定価:本体2,800 円+税

在庫  ○

  • 1