宗 左近
ソウ サコン

1919年生まれ。東京大学哲学科卒。法政大学教授、昭和女子大教授 を務める。詩の創作、仏文学翻訳・評論でも知られる。詩集『藤の 花』『炎える母』、翻訳書ではロラン・バルト『表徴の帝国』『エッフェル塔』等がある。2006年没

検索結果

前のページへ戻る
3件1~3件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

ピカソ[ピカソ講義]

岡本 太郎 著  宗 左近 著 

パリでのピカソ作品との衝撃的出会いから親密な交流まで、実体験にもとづく岡本の話を宗が導く。二人の偉大な画家の軌跡が蘇る。 <br /> 【解説: 赤坂憲雄 】

ちくま学芸文庫  文庫判   192頁   刊行日 2009/09/09  ISBN 978-4-480-09243-4
JANコード 9784480092434

定価:本体900 円+税

エッフェル塔

ロラン・バルト 著  宗 左近 翻訳  諸田 和治 翻訳  伊藤 俊治 その他 

塔によって触発される表徴を次々に展開させることで、その創造力を自在に操る、バルト独自の構造主義的思考の原形。解説・貴重図版多数併載。

ちくま学芸文庫  文庫判   224頁   刊行日 1997/06/10  ISBN 978-4-480-08347-0
JANコード 9784480083470

定価:本体950 円+税

在庫  ○

表徴の帝国

ロラン・バルト 著  宗 左近 翻訳 

「日本」の風物・慣習に感嘆しつつもそれらを〈零度〉に解体し、詩的素材としてエクリチュールとシーニュについての思想を展開させたエッセイ集。

ちくま学芸文庫  文庫判   240頁   刊行日 1996/11/07  ISBN 4-480-08307-3
JANコード 9784480083074

定価:本体1,000 円+税

在庫  ○

  • 1