天児 慧
アマコ サトシ

1947年生まれ。専攻は中国政治、アジア現代史。早稲田大学卒業、一橋大学大学院博士課程修了。社会学博士。外務省専門調査員としての在北京日本大使館勤務などを経て、現在、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授。著書に『中国・アジア・日本』(筑摩書房)、『中華人民共和国史』(岩波新書)、『中国 溶変する社会主義大国』『現代中国』(いずれも東京大学出版会)がある。

検索結果

前のページへ戻る
3件1~3件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

日中対立 ─習近平の中国をよむ

天児 慧 著 

大国主義へと突き進む共産党指導部は何を考えるのか? 内部資料などをもとに、権力構造を細密に分析し、大きな変節点を迎える日中関係を大胆に読み解く。

ちくま新書  新書判   272頁   刊行日 2013/06/05  ISBN 978-4-480-06721-0
JANコード 9784480067210

定価:本体840 円+税

在庫  ○

アジア連合への道 ─理論と人材育成の構想

天児 慧 著 

「東アジア共同体」について理論的な考察を加え、人材育成の視点から具体的なプログラムを提示する。長期的な視点にたった場合に、日本に何ができるのかを考える。

単行本  四六判   256頁   刊行日 2010/06/24  ISBN 978-4-480-86402-4
JANコード 9784480864024

定価:本体2,500 円+税

中国・アジア・日本  ─大国化する「巨龍」は脅威か

天児 慧 著 

大国化する中国とどうつき合うかという問題は、日本にとって中長期的な課題である。中国のゆくえを冷静に見極め、岐路に立つアジア外交について大胆に提言する。

ちくま新書  新書判   224頁   刊行日 2006/10/04  ISBN 4-480-06326-9
JANコード 9784480063267

定価:本体700 円+税

  • 1