本田 靖春
ホンダ ヤスハル

1933年、朝鮮に生まれる。55年、早稲田大学政経学部新聞学科卒業後、読売新聞社に入社、社会部記者、ニューヨーク特派員などを経て、71年退社。64年には、売血の実態を告発し、現在の100%献血制度のきっかけとなった「黄色い血」キャンペーンを展開する。77年、『誘拐』で文藝春秋読者賞、講談社出版文化賞受賞、84年、『不当逮捕』で講談社ノンフィクション賞受賞。2004年死去。『我、拗ね者として生涯を閉ず』が遺作となる。

検索結果

前のページへ戻る
3件1~3件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

疵 ─花形敬とその時代

本田 靖春 著 

戦後の渋谷を制覇したインテリヤクザ安藤組の大幹部、力道山よりも喧嘩が強いといわれた男……。伝説に彩られた男の実像を追う。 <br /> 【解説: 野村進 】

ちくま文庫  文庫判   336頁   刊行日 2009/08/10  ISBN 978-4-480-42625-3
JANコード 9784480426253

定価:本体780 円+税

在庫  ○

警察回り

本田 靖春 著 

昭和三十三年、私は読売社会部の警察回り記者だった――。若い記者たちの奮闘を通して、昭和三十年代の東京を描いた回想録。  <br /> 【解説: 大谷昭宏 】

ちくま文庫  文庫判   448頁   刊行日 2008/12/10  ISBN 978-4-480-42478-5
JANコード 9784480424785

定価:本体840 円+税

誘拐

本田 靖春 著 

戦後最大の誘拐事件。残された被害者家族の絶望、犯人を生んだ貧困、刑事達の執念を描くノンフィクションの金字塔! <br /> 【解説: 佐野眞一 】

ちくま文庫  文庫判   368頁   刊行日 2005/10/05  ISBN 4-480-42154-8
JANコード 9784480421548

定価:本体800 円+税

在庫  ○

  • 1