ジョルジョ・アガンベン
アガンベン,ジョルジョ

1942年ローマに生まれる。ヴェローナ大学哲学教授を経て、現在、ヴェネツィア建築大学美学教授。主要著作に、本書のほか、『中味のない人間』(1970)、『スタンツェ』(1977)、『幼児期と歴史』(1978)、『到来する共同体』(1990)、『ホモ・サケル』(1995)、『アウシュヴィッツの残りのもの』(1998)、『残りの時』(2000)、『例外状態』(2003)、『思考の潜勢力』(2005)、『王国と栄光』(2007)、『言語の誓い』(2008)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
4件1~4件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

事物のしるし ─方法について

ジョルジョ・アガンベン 著  岡田 温司 翻訳  岡本 源太 翻訳 

パラダイム、しるし、考古学――フーコーのエピステーメーを起点に、思想の展開や鍛錬の可能性に挑む、新たな時代の人文科学の方法論。

ちくま学芸文庫  文庫判   224頁   刊行日 2019/10/09  ISBN 978-4-480-09949-5
JANコード 9784480099495

定価:本体1,100 円+税

在庫  ○

事物のしるし ─方法について

ジョルジョ・アガンベン 著  岡田 温司 翻訳  岡本 源太 翻訳 

フーコーを契機に、パラダイム、しるし、考古学という三つについて発展的可能性を検討し、諸学の方法をその根源から問い直すアガンベン版「方法論序説」。

単行本  四六判   200頁   刊行日 2011/05/09  ISBN 978-4-480-84718-8
JANコード 9784480847188

定価:本体2,600 円+税

在庫  ○

言葉と死 ─否定性の場所にかんするゼミナール

ジョルジョ・アガンベン 著  上村 忠男 翻訳 

死すべき人間にとって言葉とは何か――今なお思考されてはいないこの本質的な問いに、詩、死語、指示語、音声などを取り上げ、紡ぎ出すスリリングな論考。

単行本  四六判   280頁   刊行日 2009/11/25  ISBN 978-4-480-84289-3
JANコード 9784480842893

定価:本体3,000 円+税

スタンツェ ─西洋文化における言葉とイメージ

ジョルジョ・アガンベン 著  岡田 温司 翻訳 

西洋文化の豊饒なイメージの宝庫を自在に横切り、愛・言葉そして喪失の想像力が表象に与えた役割をたどる。21世紀を牽引する哲学者の博覧強記。

ちくま学芸文庫  文庫判   400頁   刊行日 2008/03/10  ISBN 978-4-480-09131-4
JANコード 9784480091314

定価:本体1,500 円+税

在庫  ○

  • 1