竹内 洋
タケウチ ヨウ

1942年、東京都生まれ。京都大学教育学部卒業。同大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学。京都大学大学院教育学研究科教授などを経て、現在、関西大学東京センター長。関西大学名誉教授・京都大学名誉教授。教育社会学・歴史社会学専攻。著書に『日本のメリトクラシー』(東京大学出版会、第39回日経経済図書文化賞)、『革新幻想の戦後史』(第13回読売・吉野作造賞)『清水幾太郎の覇権と忘却』(ともに、中公文庫)、『社会学の名著30』(ちくま新書)、『教養主義の没落』『丸山眞男の時代』(ともに、中公新書)、『大衆の幻像』(中公公論新社)、『立志・苦学・出世』(講談社学術文庫)など。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

教養派知識人の運命 ─阿部次郎とその時代

竹内 洋 著 

『三太郎の日記』による栄光の後に襲ってきた波乱。同時代の知識人との関係や教育制度から、大正教養派の代表者に迫る社会史的評伝。

筑摩選書  四六判   464頁   刊行日 2018/09/12  ISBN 978-4-480-01672-0
JANコード 9784480016720

定価:本体2,000 円+税

在庫  ○

社会学の名著30

竹内 洋 著 

社会学は一見わかりやすそうで意外に手ごわい。でも良質の解説書に導かれれば知的興奮を覚えるようになる。30冊を通して社会学の面白さを伝える、魅惑の入門書。

ちくま新書  新書判   256頁   刊行日 2008/04/07  ISBN 978-4-480-06419-6
JANコード 9784480064196

定価:本体820 円+税

在庫  ○

  • 1