宮城 大蔵
ミヤギ タイゾウ

1968年東京都生まれ。92年、立教大学法学部を卒業後、96年までNHK記者。2001年、一橋大学大学院法学研究科博士課程修了。博士(法学)。現在は上智大学教授。著書に『バンドン会議と日本のアジア復帰』(草思社、2001年)、『戦後アジア秩序の模索と日本』(創文社、2004年、サントリー学芸賞・中曽根康弘賞受賞)、『現代日本外交史』(中公新書、2016年)、共編著として『戦後日本のアジア外交』(ミネルヴァ書房、2015年、国際開発研究大来賞受賞)、『普天間・辺野古 歪められた二〇年』(集英社新書、2016年)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

増補 海洋国家日本の戦後史 ─アジア変貌の軌跡を読み解く

宮城 大蔵 著 

戦後アジアの巨大な変貌の背後には、開発と経済成長という日本の「非政治」的な戦略があった。海域アジアの戦後史に果たした日本の軌跡をたどる。

ちくま学芸文庫  文庫判   272頁   刊行日 2017/08/07  ISBN 978-4-480-09816-0
JANコード 9784480098160

定価:本体1,100 円+税

在庫  問合せ

「海洋国家」日本の戦後史

宮城 大蔵 著 

脱植民地化から巨大な経済圏の確立へ向かった戦後アジア。それを主導した日本の秘められた航跡を描き出し、再び政治の時代を迎えつつある今、新たな役割を提示する。

ちくま新書  新書判   240頁   刊行日 2008/06/09  ISBN 978-4-480-06432-5
JANコード 9784480064325

定価:本体720 円+税

  • 1