彌永 昌吉
イヤナガ ショウキチ

1906‐2006年。東京生まれ。1929年東京帝国大学理学部数学科卒業。東京大学教授を経て同大学名誉教授。学習院大学教授。日本学士院会員。著書は『幾何学序説』『数の体系』『数学者の世界』(以上、岩波書店)、『ガロアの時代 ガロアの数学』(シュプリンガー・ジャパン)など、多分野にわたる。満100歳で論文を発表するなど、最晩年にいたるまで現役数学者として活躍した。小平邦彦、岩澤健吉、佐藤幹夫ら著名な数学者を輩出した教育者としても知られている。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

公理と証明 ─証明論への招待

彌永 昌吉 著  赤 攝也 著 

数学の正しさ、「無矛盾性」はいかにして保証されるのか。あらゆる数学の基礎となる公理系のしくみと証明論の初歩を、具体例をもとに平易に解説。

ちくま学芸文庫  文庫判   192頁   刊行日 2012/09/10  ISBN 978-4-480-09481-0
JANコード 9784480094810

定価:本体1,000 円+税

在庫  ○

数学のまなび方

彌永 昌吉 著 

「役に立つ」だけの数学から一歩前へ。教科書が教えない「数学する心」に触れるための、とっておきの勉強法を大数学者が紹介。 <br /> 【解説: 小谷元子 】

ちくま学芸文庫  文庫判   320頁   刊行日 2008/11/10  ISBN 978-4-480-09173-4
JANコード 9784480091734

定価:本体1,200 円+税

在庫  ○

  • 1