円満字 二郎
エンマンジ ジロウ

1967年、兵庫県西宮市生まれ。東京大学卒業後、大修館書店で国語教科書や漢和辞典などの担当編集者として働く。2008年、退職してフリーに。現在は、ライター兼編集者として活動中。著書に、『漢和辞典に訊け! 』(ちくま新書 2008年)、『雨かんむり漢字読本』(草思社 2018年)、『知るほどに深くなる漢字のツボ』(青春出版社 2017年)、『漢和辞典的に申しますと。』(文藝春秋2017年)、『漢字の使い分けときあかし辞典』(研究社 2016年)、『漢字なりたち図鑑』(誠文堂新光社 2014年)、『ひねくれ古典『列子』を読む』(新潮社 2014年)、『部首ときあかし辞典』(研究社 2013年)、『漢字ときあかし辞典』(研究社 2012年)、『政治家はなぜ「粛々」を好むのか――漢字の擬態語あれこれ』(新潮社 2011年)、『数になりたかった皇帝―― 漢字と数の物語』(岩波書店 2010年、『常用漢字の事件簿』(日本放送出版協会 2010年)、『ななみちゃんの漢字えほん』(正村史郎 作、日本放送出版協会編、2009年)等多数。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

漢和辞典に訊け!

円満字 二郎 著 

敬遠されがちな漢和辞典。でも骨組みを知れば千年以上にわたる日本人の漢字受容の歴史が浮かんでくる。辞典編集者が明かす、ウンチクで終わらせないための活用法。

ちくま新書  新書判   224頁   刊行日 2008/12/08  ISBN 978-4-480-06462-2
JANコード 9784480064622

定価:本体720 円+税

在庫  ○

  • 1