小島 政二郎
コジマ マサジロウ

(1894-1994)小説家、随筆家、俳人。東京下谷に生まれ育った。慶應義塾大学在学中から「三田文学」に作品を発表。1922年『一枚看板』で文壇にみとめられ、以後『花咲く樹』『人妻椿』『新妻鏡』など人気作を発表、映画化もされるなど、戦前から戦後にかけて一世を風靡した。文壇の中心人物としても活躍。『わが古典鑑賞』は批評家としての見識が、『眼中の人』は対象文壇史の生きる資料として、高く評価されている。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

小説 永井荷風

小島 政二郎 著 

荷風を熱愛し、「十のうち九までは礼讃の誠を連ねた中に、ホンの一つ」批判を加えたことで終生の恨みをかってしまった作家の傑作評伝。 <br /> 【解説: 加藤典洋 】

ちくま文庫  文庫判   496頁   刊行日 2013/11/06  ISBN 978-4-480-43116-5
JANコード 9784480431165

定価:本体1,100 円+税

在庫  ○

現代日本文学大系45 水上・豊島・久米・小島・佐々木集

水上 瀧太郎 著  豊島 与志雄 著  久米 正雄 著  小島 政二郎 著  佐佐木 茂索 著 

シリーズ・全集  菊判   456頁   刊行日 1973/08/30  ISBN 978-4-480-10045-0
JANコード 9784480100450

定価:本体6,000 円+税

在庫  ○

  • 1