三浦 佑之
ミウラ スケユキ

1946年三重県生まれ。古代文学・伝承文学専攻。千葉大学教授などを経て、現在、立正大学文学部教授。第五回上代文学会賞、第一回角川財団学芸賞、受賞。著書に『村落伝承論』『浦島太郎の文学史』(五柳書院)、『神話と歴史叙述』(若草書房)、『口語訳古事記[神代篇][人代篇]』『古事記講義』(文春文庫)、『古事記を旅する』(文藝春秋)、『日本古代文学入門』(幻冬舎)、『金印偽造事件』(幻冬舎新書)、『古事記のひみつ』(吉川弘文館)、『平城京の家族たち』(角川ソフィア文庫)、『日本霊異記の世界』(角川学芸出版)など。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

古事記を読みなおす

三浦 佑之 著 

日本書紀には存在しない出雲神話がなぜ古事記では語られるのか? 序文のいう編纂の経緯は真実か? この歴史書の謎を解きあかし、神話や伝承の古層を掘りおこす。

ちくま新書  新書判   304頁   刊行日 2010/11/08  ISBN 978-4-480-06579-7
JANコード 9784480065797

定価:本体880 円+税

在庫  ○

遠野物語へようこそ

赤坂 憲雄 著  三浦 佑之 著 

豊かで鮮やかな世界を秘めた『遠野物語』。河童、神隠し、座敷わらし、馬との恋、狼との死闘、山男、姥捨て……。物語の不思議を読み解き、おもしろさの秘密に迫る。

ちくまプリマー新書  四六判   176頁   刊行日 2010/01/05  ISBN 978-4-480-68827-9
JANコード 9784480688279

定価:本体780 円+税

在庫  ○

  • 1