岡本 源太
オカモト ゲンタ

1981年生まれ。京都大学大学院博士後期課程研究指導認定退学。博士(人間・環境学)。現在は関西大学・京都造形芸術大学非常勤講師。専門は哲学・美術史・思想文化論。共著書に、『『明るい部屋』の秘密』(2008)。論文に、「ジョルダーノ・ブルーノにおける人間の尊厳と生の多様性」(2011)など。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

事物のしるし ─方法について

ジョルジョ・アガンベン 著  岡田 温司 翻訳  岡本 源太 翻訳 

パラダイム、しるし、考古学――フーコーのエピステーメーを起点に、思想の展開や鍛錬の可能性に挑む、新たな時代の人文科学の方法論。

  文庫判   224頁   刊行日 2019/10/09  ISBN 978-4-480-09949-5
JANコード 9784480099495

定価:本体1,100 円+税

在庫  ○

事物のしるし ─方法について

ジョルジョ・アガンベン 著  岡田 温司 翻訳  岡本 源太 翻訳 

フーコーを契機に、パラダイム、しるし、考古学という三つについて発展的可能性を検討し、諸学の方法をその根源から問い直すアガンベン版「方法論序説」。

単行本  四六判   200頁   刊行日 2011/05/09  ISBN 978-4-480-84718-8
JANコード 9784480847188

定価:本体2,600 円+税

在庫  ○

  • 1