アルベルト・アインシュタイン
アインシュタイン,アルベルト

1879-1955年、ドイツ生まれの理論物理学者。チューリヒ工科大学を卒業後、スイス特許局に就職。勤務のかたわら理論物理学の研究を続け、1905年にはブラウン運動、特殊相対性理論、光量子仮説等にかんする重要論文を立て続けに発表した。このときの論文によって光電効果の理論的な説明付けに成功し、1921年にノーベル物理学賞を受賞。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

アインシュタイン論文選 ─「奇跡の年」の5論文

アルベルト・アインシュタイン 著  ジョン・スタチェル 編集  青木 薫 翻訳 

「奇跡の年」こと一九〇五年に発表された、ブラウン運動・相対性理論・光量子仮説についての記念碑的論文五篇を収録。編者による詳細な解説付き。

ちくま学芸文庫  文庫判   352頁   刊行日 2011/09/07  ISBN 978-4-480-09403-2
JANコード 9784480094032

定価:本体1,300 円+税

在庫  ○

  • 1