加藤 久和
カトウ ヒサカズ

明治大学政治経済学部教授、博士(経済学)。1958年東京都生まれ。1981年慶應義塾大学経済学部卒業、1988年筑波大学大学院経営・政策科学研究科修了。(財)電力中央研究所主任研究員、国立社会保障・人口問題研究所室長、明治大学政治経済学部助教授を経て、2006年より現職。産業構造審議会基本政策部会委員等を歴任。専門は人口経済学、社会保障論、計量経済学。計量分析の手法をもとに、出生動向に関する実証研究や社会保障財政等の将来予測などの研究を行っている。著書に『人口経済学入門』(日本評論社、2001年、日本人口学会賞受賞)、『財政学講義――政府部門の経済分析』(文眞堂、2003年)、『人口経済学』(日本経済新聞社、2007年)など。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

高校生からの統計入門

加藤 久和 著 

データを分析し、それをもとに論理的に考えることは、現代人に欠かせない素養である。成績、貯蓄、格差など身近な事例を用いて、使える統計思考を身につけよう!

ちくまプリマー新書  新書判   240頁   刊行日 2016/05/09  ISBN 978-4-480-68959-7
JANコード 9784480689597

定価:本体860 円+税

在庫  ○

世代間格差 ─人口減少社会を問いなおす

加藤 久和 著 

年金破綻、かさむ医療費、奪われる若者雇用――。年齢によって利害が生じる「世代間格差」は、いかに解消できるか? 問題点から処方箋まで、徹底的に検証する。

ちくま新書  新書判   272頁   刊行日 2011/11/07  ISBN 978-4-480-06635-0
JANコード 9784480066350

定価:本体840 円+税

在庫  ○

  • 1