エティエンヌ・ド・ラ・ボエシ
ラ・ボエシ,エティエンヌ・ド・

1530-63年。フランスの小都サルラ生まれ。早くにオルレアン大学に進学、法学とともに人文学への造詣を深める。54年にボルドー高等法院に評定官として着任、のちに同僚となるモンテーニュと友情を結ぶ。相次ぐ宗教争乱に対して、宮廷の宥和政策を支持し事態収拾に奔走したが、63年病に倒れモンテーニュに看取られながら世を去った。『自発的隷従論』は16歳か18歳のときに書き上げたとされる。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

自発的隷従論

エティエンヌ・ド・ラ・ボエシ 著  西谷 修 監修  山上 浩嗣 翻訳 

圧制は、支配される側の自発的な隷従によって永続する――支配・被支配構造の本質を喝破した古典的名著。20世紀の代表的な関連論考を併録。 <br /> 【解説: 西谷修 】

ちくま学芸文庫  文庫判   256頁   刊行日 2013/11/06  ISBN 978-4-480-09425-4
JANコード 9784480094254

定価:本体1,200 円+税

在庫  ○

  • 1