ローズマリー・サトクリフ
サトクリフ,ローズマリー

Rosemary Sutcliff (1920-1992)イギリスの作家。1950年に『ロビンフッド年代記』でデビュー。ケルト神話やギリシア神話、古イングランドの歴史を題材にした物語が多い。作品に、『ともしびをかかげて』(カーネギー賞)ほか、『第九軍団のワシ』『銀の枝』『アーサー王と円卓の騎士』など多数。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

ケルト神話ファンタジー 炎の戦士クーフリン/黄金の騎士フィン・マックール

ローズマリー・サトクリフ 著  灰島 かり 翻訳  金原 瑞人 翻訳  久慈 美貴 翻訳 

神々と妖精が生きていた時代の物語。かつてエリンと言われた古アイルランドを舞台に、ケルト神話に名高いふたりの英雄譚を1冊に。 <br /> 【解説: 井辻朱美 】

ちくま文庫  文庫判   512頁   刊行日 2013/02/06  ISBN 978-4-480-43022-9
JANコード 9784480430229

定価:本体920 円+税

在庫  問合せ

ケルト歴史ファンタジー ケルトの白馬/ケルトとローマの息子

ローズマリー・サトクリフ 著  灰島 かり 翻訳 

ブリテン・ケルトもの歴史ファンタジーの第一人者による珠玉の少年譚。実在の白馬の遺跡をモチーフにした代表作ほか一作。 <br /> 【解説: 荻原規子 】

ちくま文庫  文庫判   496頁   刊行日 2013/01/09  ISBN 978-4-480-43021-2
JANコード 9784480430212

定価:本体880 円+税

  • 1