宮子 あずさ
ミヤコ アズサ

1963年生まれ。1983年、明治大学文学部中退。1987年、東京厚生年金看護専門学校卒業。1987年から2009年まで、東京厚生年金病院に勤務。内科、精神科、緩和ケアの3病棟を経験。看護師長歴7年。また、在職中から大学通信教育で学び、短大1校、大学2校、大学院2校を卒業。2013年、東京女子医科大学大学院博士後期課程修了。博士(看護学)。現在、非常勤で都内の精神科病院の訪問看護も行っている。著書に、『看護婦が見つめた人間が死ぬということ』(講談社文庫)、『看護婦だからできること』1〜3『ナースな言葉』『ナース主義!』(集英社文庫)、『看護師専用お悩み外来』『気持ちのいい看護』(医学書院)ほか多数。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

看護師という生き方

宮子 あずさ 著 

看護師という仕事は、働く人の人間性に強く働きかけ、特有の人生を生きることになる。長く勤めるほど味わいが増すこの仕事の魅力に職歴二六年の現役ナースが迫る。

ちくまプリマー新書  新書判   192頁   刊行日 2013/09/04  ISBN 978-4-480-68904-7
JANコード 9784480689047

定価:本体780 円+税

在庫  ○

  • 1