湯浅 邦弘
ユアサ クニヒロ

1957年島根県生まれ。大阪大学大学院文学研究科修了。博士(文学)。北海道教育大学講師、島根大学助教授、大阪大学助教授を経て、現在、大阪大学大学院教授。専攻、中国思想。主な著書に、『諸子百家』『菜根譚』『論語』(以上、中公新書)、『入門 老荘思想』(ちくま新書)、『竹簡学──中国古代思想の探求』『墨の道 印の宇宙』(以上、大阪大学出版会)、『よみがえる中国の兵法』(大修館書店)、『中国古代軍事思想史の研究』(研文出版)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

軍国日本と『孫子』

湯浅 邦弘 著 

日本の軍国化が進む中、精神的実践的支柱として利用された『孫子』。なぜ日本は下策とされる長期消耗戦を辿り、敗戦に至ったか? 中国古典に秘められた近代史!

ちくま新書  新書判   256頁   刊行日 2015/06/08  ISBN 978-4-480-06834-7
JANコード 9784480068347

定価:本体820 円+税

在庫  ○

入門 老荘思想

湯浅 邦弘 著 

俗世の常識や価値観から我々を解き放とうとする「老子」と「荘子」の思想。新発見の資料を踏まえてその教えをじっくり読み、謎に包まれた思想をいま解き明かす。

ちくま新書  新書判   272頁   刊行日 2014/07/07  ISBN 978-4-480-06783-8
JANコード 9784480067838

定価:本体840 円+税

在庫  ○

  • 1