西條 剛央
サイジョウ タケオ

1974年宮城県仙台市生まれ。早稲田大学人間科学部卒。同大学院で博士号取得(人間科学)。早稲田大学大学院MBA専任講師等を経て、現在、同客員准教授。本質行動学アカデメイア代表。「構造構成主義」という独自のメタ理論を創唱。この理論を用い、東日本大震災後の2011年4月、「ふんばろう東日本支援プロジェクト」を立ち上げ、ボランティア未経験ながら日本最大級の総合支援プロジェクトへと成長させる。同プロジェクトは2014年、世界で最も権威あるデジタル・メディア・アートのコンペティション、「アルス・エレクトロニカ」のコミュニティ部門において、最優秀賞にあたる「ゴールデン・ニカ」を日本人として初受賞。 同年、「ベストチーム・オブ・ザ・イヤー2014」も受賞。『構造構成主義とは何か』(北大路書房)、『人を助けるすんごい仕組み』(ダイヤモンド社)、絵本『ぼくもだっこ』(講談社)など、著書・共著書多数

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

チームの力 ─構造構成主義による”新”組織論

西條 剛央 著 

一人の人間の力はささやかでもチームを作れば“巨人”にだってなれる。独自のメタ理論を応用し、チームの力を最大限に引き出すための原理と方法を明らかにする。

ちくま新書  新書判   224頁   刊行日 2015/05/07  ISBN 978-4-480-06830-9
JANコード 9784480068309

定価:本体780 円+税

在庫  ○

  • 1