アマルティア・セン
セン,アマルティア

1933年、インドに生まれる。カルカッタ大学を卒業後、ケンブリッジ大学で博士号を取得。LSE、ハーバード大学、ケンブリッジ大学などの教授を歴任。社会的選択理論や厚生経済学、開発経済学などの発展に大きく寄与し、人文・社会科学全般に影響を与える。98年には、「所得分配の不平等にかかわる理論や、貧困と飢餓に関する研究についての貢献」により、ノーベル経済学賞を受賞。主な著書に、『集合的選択と社会的厚生』『自由と経済開発』などがある。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

アマルティア・セン講義 グローバリゼーションと人間の安全保障

アマルティア・セン 著  加藤 幹雄 翻訳 

貧困なき世界は可能か。ノーベル賞経済学者が今日のグローバル化の実像を見定め、個人の生や自由を確保し、公正で豊かな世界を築くための道を説く。

ちくま学芸文庫  文庫判   192頁   刊行日 2017/09/06  ISBN 978-4-480-09819-1
JANコード 9784480098191

定価:本体1,000 円+税

在庫  ○

アマルティア・セン講義 経済学と倫理学

アマルティア・セン 著  徳永 澄憲 翻訳  松本 保美 翻訳  青山 治城 翻訳 

経済学は人を幸福にできるか? 多大な学問的・社会的貢献で知られる当代随一の経済学者、セン。その根本をなす思想を平明に説いた記念碑的講義。

ちくま学芸文庫  文庫判   240頁   刊行日 2016/12/07  ISBN 978-4-480-09744-6
JANコード 9784480097446

定価:本体1,000 円+税

在庫  ○

  • 1