沖森 卓也
オキモリ タクヤ

1952年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科修士課程修了。立教大学文学部教授。専門は日本語学。とくに日本語の歴史的研究。『辞林』シリーズ(三省堂)を長く編集、執筆してきている。著書『日本古代の表記と文体』『日本語の誕生──古代の文字と表記』(以上、吉川弘文館)、『はじめて読む日本語の歴史』『日本の漢字──1600年の歴史』(以上、ベレ出版)、『日本語史(』編著、桜楓社)など。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

現代語訳 藤氏家伝

沖森 卓也 翻訳  佐藤 信 翻訳  矢嶋 泉 翻訳 

藤原氏初期の歴史が記された奈良時代後半の書。藤原鎌足とその子貞慧、そして藤原不比等の長男武智麻呂の事績を、明快な現代語訳によって伝える。

  文庫判   144頁   刊行日 2019/08/08  ISBN 978-4-480-09944-0
JANコード 9784480099440

定価:本体950 円+税

在庫  ○

日本語全史

沖森 卓也 著 

古代から現代まで、日本語の移り変わりをたどり全史を解明する初めての新書。時代ごとの文字・音韻・語彙・文法の変遷から、日本語の起源の姿が見えてくる。

ちくま新書  新書判   448頁   刊行日 2017/04/05  ISBN 978-4-480-06957-3
JANコード 9784480069573

定価:本体1,200 円+税

在庫  ○

  • 1