柴田 道子
シバタ ミチコ

1934年3月東京市大森区(現東京都大田区)生まれ。共立女子大学文芸学科卒業。大学在学中にはセツルメント運動に参加する。1954年、乙骨淑子、奥田継夫、山下明生、掛川恭子等と共に同人誌『こだま』を創刊。1959年、学童疎開を描いた『谷間の底から』(東都書房、のち岩波少年文庫)で作家デビュー。1964年に長野県長野市へ転居。地元の被差別部落出身の高校生たちと出会い、部落解放運動に関わる。1975年8月没。主な著書に『ももいろの童話集』『日本丸漂流す』『ひとすじの光』などがある。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

被差別部落の伝承と生活 ─信州の部落・古老聞き書き

柴田 道子 著 

長野県下の五十余の被差別部落、百人を超える人々から行なった聞書集。暮らしや民俗、差別との闘い。語りに込められた人々の思いとは。解説 横田雄一

  文庫判   480頁   刊行日 2019/03/07  ISBN 978-4-480-43577-4
JANコード 9784480435774

定価:本体1,000 円+税

在庫  ○

  • 1