フランシス・ウェルマン
フランシス・ウェルマン

1854−1942年。アメリカ・マサチューセッツ州生まれ。ハーバード大学および同ロー・スクールを卒業。ニューヨークの裁判所で、はじめは検察官として、のちには弁護士として活躍。1880年代から90年代にかけ、反対尋問の名手として盛名をはせる。1903年に、その経験にもとづき『反対尋問』を刊行、同書はアメリカの法律家にとってバイブル的な存在となった。

検索結果

前のページへ戻る
1件1~1件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

反対尋問

フランシス・ウェルマン 著  梅田 昌志郎 翻訳 

完璧に見える証言をどう切り崩すか。名弁護士らが用いた尋問技術をあますことなく紹介し、本邦でも多くの法曹に影響を与えた古典的名著。解説 高野隆

ちくま学芸文庫  文庫判   736頁   刊行日 2019/03/07  ISBN 978-4-480-09912-9
JANコード 9784480099129

定価:本体1,900 円+税

在庫  切れ中

  • 1