筑摩叢書309 夢みる権利

ガストン・バシュラール

フランス哲学界の巨星が立っているのは、つねに夢想と反省的思考とのつなぎ目、その交点なのである。美術、文学、夢想にわたる26章、詩的エッセーの遺著。

筑摩叢書309 夢みる権利
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体1,800円+税
  • Cコード:0098
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1987/03/20
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:314
  • ISBN:4-480-01309-1
  • JANコード:9784480013095

この本の内容

世界は複雑であるよりもまえに充実しているのだと言い、哲学はみずからの揺籃期の構想に戻るべきだと明言していた人が立っているのは、つねに夢想と反省的思考とのつなぎ目、その交点なのである。―フランス哲学界の巨星が遺した美術・文学・夢想の26章から成る詩的エッセー集。

この本の目次

第1部 美術(シャガール『聖書』序説
シモン・セガル
彫刻家アンリ・ド・ヴァロキエ―人とその運命
マルクーシスの作品における占いと視線
アルベール・フロコンの『たがね論』)
第2部 文学(『ゴードン・ピムの冒険』
子供ランボー
マラルメの夢想の力学的弁証法
V.E.ミシュレ
ポール・エリュアールの詩における胚芽と道理
文学言語の心理学・ジャン・ポーラン)
第3部 夢想(夢の空間
夢想とラジオ
詩的瞬間と形而上学的瞬間)〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可