荘子と遊ぶ ─禅的思考の源流へ

玄侑 宗久

むふふ。

『荘子』はすこぶる面白い。読んでいると「常識」という桎梏から解放される。それは「心の自由」のための哲学だ。魅力的な言語世界を味わいながら、現代的な解釈を試みる。

荘子と遊ぶ ─禅的思考の源流へ
  • シリーズ:
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0315
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2010/10/13
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-01502-0
  • JANコード:9784480015020
玄侑 宗久
玄侑 宗久

ゲンユウ ソウキュウ

1956年福島県生まれ。慶應義塾大学文学部卒。1983年、臨済宗大本山天龍寺専門道場で修行。現在、臨済宗妙心寺派福聚寺住職。「中陰の花」で第125回芥川賞受賞。著書に『禅語遊心』(ちくま文庫)、『禅的生活』『現代語訳 般若心経』(ちくま新書)、『私だけの仏教』(講談社+α新書)、『釈hに説法』(新潮新書)、『中陰の花』『龍の棲む家』(文藝春秋)、『アミターバ』『テルちゃん』(新潮社)など多数がある。

この本の内容

『荘子』はすこぶる面白い。読んでいると、世の中の「常識」という桎梏から解放される。二千年以上前から伝わるこの本は、今に生きる「心の自由」のための哲学なのだ。そしてその思想は、禅の考え方にも深く沁み込んでいる。…あらゆる価値や尺度からまったき自由を獲得した稀代の思想家の、非常識で魅力的な言語世界を味わい、「遊」の世界へ読者をいざなう。

この本の目次

「むずむず」からの旅立ち
荘子と禅の接近
坐忘と心斎
夢みぬ人の夢
道と徳、そして性と命
禅的「無」の系譜
渾沌王子、登場
和して唱えず
運りて積まず
デクノボーと「ご神木」〔ほか〕

読者の感想

2011.1.02 久保 淳子

 『荘子』をこのようにひもといてくださるなんて、何たる幸せ。『荘子』に対する思いが、何としても読ませようという欲求の強さとなり、思いがけない執筆作法を生み出し、全編、著者のわくわく感に引っ張られ、読まされてしまいました。その、自在な遊び心に、今回も、思いっきり腹筋運動もさせてもらいました。”運りて積まず”といわれても、必死でメモをしております。 久保 淳子(在ハンガリー)

           

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可