放射能問題に立ち向かう哲学

一ノ瀬 正樹

この不条理に理性で対処する。

放射能問題は人間本性を照らし出す。本書では、理性を脅かし信念対立に陥りがちな問題を哲学的思考法で問い詰め、混沌とした事態を収拾するための糸口を模索する。

放射能問題に立ち向かう哲学
  • シリーズ:
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0310
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2013/01/15
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-01564-8
  • JANコード:9784480015648
一ノ瀬 正樹
一ノ瀬 正樹

イチノセ マサキ

一九五七年茨城県土浦市に生まれる。東京大学文学部卒業。東京大学大学院哲学専攻博士課程修了。一九九七年に博士(文学)の学位を取得。現在、東京大学大学院人文社会系研究科哲学専攻教授、および英国オックスフォード大学Honorary Fellow。和辻哲郎文化賞および中村元賞受賞。専門は哲学(因果論および人格論)。著書に『人格知識論の生成──ジョン・ロックの瞬間』『死の所有──死刑・殺人・動物利用に向きあう哲学』(ともに東京大学出版会)、『原因と結果の迷宮』『原因と理由の迷宮──「なぜならば」の哲学』(ともに勁草書房)、『功利主義と分析哲学──経験論哲学入門』(日本放送出版協会)、『確率と曖昧性の哲学』(岩波書店)などがある。

この本の内容

3.11後の放射能問題は依然として暗い影を投げ続ける。不要な被曝をしてしまった不快と不安、不信などの「不の感覚」が蔓延し、それが復興の妨げにすらなっている。一方で「正しい」と思われる行為が他方で他者を苦しめる。「道徳のディレンマ」と呼ぶべきこの不条理を、超克することはできるのか―。一哲学者が、自問反復しながら徹底して理性で問い詰め、事態の混沌に明るみをもたらそうと格闘した思考の軌跡。

この本の目次

第1章 低線量被曝とがん死
第2章 「放射能」というイコン
第3章 放射能と人体
第4章 安全と安心
第5章 因果関係への問い
第6章 確率と因果関係
第7章 年間一ミリシーベルト
第8章 予防原則の問題性
第9章 借金モデル
第10章 LNT仮説と不可断定性
第11章 「道徳のディレンマ」を生き抜く

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可